ネクステージTOP TOP > お仕事をお探しの方へ [お仕事内容]

オープンセミナー
採用情報
社長ぶろぐ

■個人情報の取り扱いについて
■このサイトのご利用について
■お問い合わせ

ISMS認証
■お仕事内容
●システム開発のお仕事
イメージシステム開発とは、お客様の業務で必要とされるITシステムの設計や作成を行うことです。 システム開発は、以下の2つに分けられます。

[SE]
SEとは、システムエンジニアといい、お客様の業務を分析し、業務で必要とされるITシステムの要件定義やシステム設計を行います。ITシステムの知識はもちろんのこと、お客様の業務の知識や、業務内容の理解力が必要とされます。

[PG]
PGとは、プログラマといい、システムエンジニアによって作成されたシステム設計書をもとに、プログラムが早くかつ正確に動く仕組みを考え、実際にソフトウェアの作成を行います。プログラム言語は多数存在し、用途にあった言語の知識が必要とされます。


◆お仕事に向く人
システム開発に向く人とは、パソコンや携帯電話をはじめとするIT製品(ソフトウェア・ハードウェア)に興味がある人、ひとつのことをとことん突き詰められる根気のある人、お客様とのミーティングやプレゼンテーションの場で、的確な説明が出来る人、普段からのコミュニケーション力がある人、またチームを組んで仕事をすることが多いので、お互いに助け合い協力しあって仕事を進めなければならないので協調性も必要となります。

◆お仕事のための資格
システム開発のお仕事を行うには必ずしも特殊な資格が必要ではないですが、「基本情報処理技術者」や「応用情報技術者試験」などの資格を持っているとプラスとなります。ですが、これらの資格を持っていなくてもシステム開発の現場で働いている人も多いです。パソコンや携帯電話をはじめとするIT製品が好きで、プログラミングやソフトウェアを作ることに興味のある人が向いていると言えます。


●インフラ構築のお仕事

イメージインフラ構築とは、コンピュータシステムの基盤となる、コンピュータ設備、ネットワーク設備などの導入や構築を行うことです。具体的には、規模に応じた設備の選定、構築、設定などの作業を行います。ハードウェアや各種OS、ミドルウェアなどの知識が必要とされます。また、作業手順書などの作成能力も必要とされます

◆お仕事に向く人
インフラ構築に向く人とは、パソコンや携帯電話をはじめとするIT製品(ソフトウェア・ハードウェア)に興味がある人、根気や注意力がある人、機械いじりが好きな人、またチームを組んで仕事をすることが多いので、お互いに助け合い協力しあって仕事を進めなければならないので協調性も必要となります。

◆お仕事のための資格
インフラ構築のお仕事を行うには必ずしも特殊な資格が必要ではないですが、「ITパスポート試験」、「ORACLE MASTER」、「Cisco技術者認定試験」などの資格を持っているとプラスとなります。パソコンや携帯電話をはじめとするIT製品が好きで、ハードウェアやOSなどに興味のある人が向いていると言えます。


●システム運用・保守のお仕事
イメージ今日の情報化社会においては、社会における様々なサービスがコンピュータ化され、サービスの提供が不可能となる障害が発生すると、甚大な被害が出てしまいます。 そのような障害の発生を防止することやサービスを提供する為に必要となる日々の作業(保守運用)、または発生した事象に迅速に対応する事(障害対応)がシステム運用保守の仕事です。

[保守運用]
保守運用ではサービスが提供不可となる事象を避けるためのリスク回避を前提として、業務を行います。 例えばコンピュータに故障が発生していないか、不正使用された形跡がないか、障害の兆候があらわれていないか、などといった事を定期的に確認・監査する稼動評価、メーカーが提供する障害対策パッチ情報などを確認してシステムへ適用する定例保守作業、日々蓄積される業務データなどを有事の際に復旧させる事ができるようバックアップの取得、保管を行うバックアップ作業などが保守運用にあたります。

[障害対応]
障害が発生した際にいち早くそれを検知する為の仕組みを組み込んで日々確認作業を行う監視運用、障害箇所を調査・特定しサービス復旧に向けて作業を行う障害対策などが障害対応にあたります。。

◆お仕事に向く人
システム運用保守に向く人は、パソコンやコンピュータに興味がある人、根気や注意力がある人、またチームを組んで仕事をすることが多いので、お互いに助け合い協力しあって 仕事を進めなければならないので、協調性も必要となります。

◆お仕事のための資格
システム運用保守のお仕事をはじめるには必ずしも専門学校や学部を卒業している必要はなく、パソコンやネットワークが好きで、ウィンドウズOSのパソコン以外にも興味があるとよいです。システム運用保守のお仕事を行うには必ずしも特殊な資格が必要ではないですが、「ITパスポート試験」、「Cisco技術者認定試験」などの資格を持っているとプラスになります。


●評価・検証業務のお仕事
イメージIT製品(ソフトウェア・ハードウェア)を使用して仕事をする人がいる限り、それを市場に流通させるためには、隠れた欠陥や不具合があってはいけません。大小に関わらず、隠れた欠陥や不具合が見付かれば、その時点でその製品は市場で通用しなくなるどころか、信用さえも失ってしまいます。評価・検証業務とは、あらゆる欠陥や不具合の可能性を想定して、IT製品に対するテスト作業を行うのが評価・検証する仕事です。この欠陥や不具合はバグ(bug)と呼ばれ、これをなくすために行なう作業であることからデバッグ(de-bug)業務とも呼ばれます。バグの原因を突き止めるために使われる、デバッガと呼ばれるデバッグ支援ソフトウェアは高機能化していますが、究極のデバッガであるバグそのものを見つけ出してくれるソフトウェアは、残念なことに作成できないということが数学的に証明されていることからも、これからのIT社会では大変重要な仕事です。また、自分で評価した製品が、市場に出回るという貢献度が味わえるとてもやりがいのあるお仕事になります。

◆お仕事に向く人
評価・検証業務に向く人とは、パソコンや携帯電話を初めとするIT製品(ソフトウェア・ハードウェア)に興味がある人、根気や注意力がある人、責任感の強い人が向いているといえます。またチームを組んで仕事をすることが多いので、お互いに助け合い協力し合って仕事を進めなければならないので協調性も必要となります。

◆お仕事のための資格
評価・検証業務のお仕事をはじめるには必ずしも専門学校や学部を卒業している必要はなく、むしろパソコンや携帯電話を初めとするIT製品(特に新製品)が好きで、個人的にもネットワークを組んで本格的にパソコンを使用しているなどの経験があるとよいです。その上で、必要とされる資格を取得しておくとキャリアアップしやすいです。持っているとプラスとなる資格には「ITパスポート試験」「基本情報処理技術者」等があります。


●ヘルプデスクのお仕事
イメージパソコンを使用して仕事をする人がいる限り、それをサポートする人が必要となります。ヘルプデスクとはシステムを使っている企業や官公庁に常駐してパソコンを使う人をメールや電話でサポートする仕事です。企業向けコールセンターオペレータともいえます。「パソコンが起動しない」「動きが遅い」といったトラブルを解決したり、ソフトをインストールして設定を行ったり、簡単なネットワークの配線やパソコン、周辺機器のシステム管理、必要があればパソコンの修理を依頼したり、部品交換程度のメンテナンスを行うのもヘルプデスクの仕事です。そのため、ハードやソフトなどの幅広い知識が必要とされます。サポートは電話やメールで受け、マニュアルに沿って行ったり、過去のサポートを記録したログファイルを見て行います。そのため、仕事を始める前のログファイルチェックは必要不可欠となります。現場での直接のニーズやトラブルを理解して、ログファイルを分析することで、システム作成やソフトウェアなどの操作上の問題点やバグを見つけ出して、解決策を提案することもヘルプデスクの仕事となります。

◆お仕事に向く人
ヘルプデスクに向く人とは、パソコンやコンピュータに興味がある人、コミュニケーション力がある人、特に初心者を相手にすることも多い仕事なので相手の立場に立って考えられる人が向いているといえます。またチームを組んで仕事をすることが多いので、お互いに助け合い協力し合って仕事を進めなければならないので協調性も必要となります。

◆お仕事のための資格
ヘルプデスクになるには必ずしも専門学校や学部を卒業している必要はなく、むしろパソコンが好きで、個人的にも自作PCやネットワークを組んで本格的にパソコンを使用しているなどの経験があるとよいです。その上で、必要とされる資格を取得しておくとキャリアアップしやすいです。持っているとプラスとなる資格には「MCP」「MCSA」[MCDBA]「MCSE」等があります。